2018年08月19日

1級学科試験まであと3週間!問題を解ききる力を高めましょう!

次回のFP1級学科試験まで、あと3週間となりました。

勉強を積み重ねても、なかなか不安がぬぐい切れない・・・
そんな気持ちの方が、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 
試験までの3週間は、できるだけ多くの問題を解くことに力を入れましょう。
試験本番で1点でも多く得点できる力を、高めていくことが大切だからです。

みなさんは、問題集(過去問解説集)を購入していることでしょう。
問題集の使い方でとても大切なことは、確実な理解に落とし込むことです。

お持ちの問題集の、どの問題が出題されても得点できる!
というくらいに完成度を高めておきましょう。
確実に点を取れる問題で失点してしまうと、1級特有の難問で挽回せざるを得ず、合格が遠のくことになるからです。
ここで悔しい思いをする1級受験者が、後を絶ちません。
自分だけはその悪循環から抜け出すのだというつもりで、繰り返しの学習を意識してくださいね。

 
その際、問題文を表面的な理解で終わらせては、いけません。
できるだけ関連することも同時に理解し、学びに幅広さを持たせてください。
問題集(過去問)と同じではないが、少し観点を変えて出題された!
ということも、FP1級学科ではよくあることですから。

問題集で間違えた問題は、後日に必ず解きなおしましょう。
最終的には、どの問題も自力で完答できるようになっておきましょう。
問題を解き間違えた時には、どこをどのように間違えたのかも、しっかり理解するよう努めてくださいね。
広く深く正確な理解が、FP1級学科ではとても大切ですから。

 
私も1級学科試験に臨む時には、問題集を徹底的に解きました。
既に書いたように、問題集のどの問題が出題されても答えられるようになる!
という状態まで、学習を繰り返しました。
この状況になるには、どうしても時間がかかります。
だからこそ、残された3週間は1日も無駄にせず、上手に時間をやりくりして努力を続けてほしいと思っています。

積み重ねる努力は、2級の時より多くはなるでしょう。
でも、幅広く深い理解を伴ったとき、FP1級学科といえども合格できるのです。

合格は、少しずつあなたに近づいているはず。
だから最後まであきらめることなく、合格目指してがんばりましょう!
陰ながらではありますが、皆様の合格をお祈りしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/19(日) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
独学では学びきれないけれども、試験に出題される点を中心に勉強します。
試験で高得点を狙い、合格を目指すノウハウが詰まった勉強会です!

■8/25(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策(1級基礎)総仕上げ勉強会
1級受験者にとって、確実に得点すべき基礎レベルを補強できる勉強会です。
(2級受験者にとっては難問だけど合否の分かれ目になるレベルです)

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
(FP1級・CFPのオプション問題に対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
(FP1級・CFPの分散投資の問題に対応しています)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 07:12| Comment(0) | TrackBack(0) | FP技能士1級合格勉強会

2018年08月17日

姉妹サイトでFP1級の基礎問題を解説中。1級の得点アップに役立ててください

当勉強会の姉妹サイトである「FP技能士3級2級合格勉強会」のメールマガジンで、2018年5月に実施されたFP2級と3級の試験問題を解説しています。

その試験問題すべてを解説しているのではなく、3級の方、2級の方にとって難問にあたる問題を中心に解説しています。
例えば、次のような問題です。

・2級の試験対策テキストにも載っていないことを問う問題
 (過去に1級で出題されたけれど、2級で初出題となる問題)
・多くの受験者が正確に理解していないため、答えに悩む問題
 (同じような問題が、1級で出題されることもあります)

こういった問題を、丁寧にメールマガジンで解説をしています。

 
皆様も、3級2級を受験する時に、これら難問に頭を悩まされたことでしょう。
しかし1級受験者にとっては基本問題であり、得点すべき問題ともいえます。

この基本レベルの問題が、1級試験でもある一定量、出題されています。
この基本問題で得点を落としてしまうと、1級特有の難問で挽回せざるを得なくなり、当然ですが合格が遠くなってしまいます。

1級学科の合格率はおよそ10%です。受験者の9割近くが合格ラインに達しません。
ただでさえ難しい試験ですから、点を取れるところで取っておくことが、1級合格の秘訣です!

 
1級の基礎事項に対して、改めて理解を深めたいとお考えの場合には、この「FP技能士3級2級合格勉強会」のメールマガジンも学習教材としてご活用ください。

下記URLよりご登録いただけます(無料です)
https://money-study.net/fp/info/mail-magazine.htm

一歩一歩着実に学び、合格目指して頑張りましょう!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/19(日) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
独学では学びきれないけれども、試験に出題される点を中心に勉強します。
試験で高得点を狙い、合格を目指すノウハウが詰まった勉強会です!

■8/25(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策(1級基礎)総仕上げ勉強会
1級受験者にとって、確実に得点すべき基礎レベルを補強できる勉強会です。
(2級受験者にとっては難問だけど合否の分かれ目になるレベルです)

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
(FP1級・CFPのオプション問題に対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
(FP1級・CFPの分散投資の問題に対応しています)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP1級試験関連

2018年08月16日

FP1級通信添削.25:被相続人が受け取るべきであった給与に関する問題

毎週恒例の、FP1級学科試験の通信添削です。
FP1級試験の点数アップにつながる問題を、毎週出題しています。

皆様からお送りいただいた解答をもとに、翌週に正解と解説をお届けします。
ラジオの読者投稿コーナーのような感じで、皆様からの質問にもお答えします。
CFP・1級実技にも対応していますので、楽しみながら勉強していきましょう!

今回からは、過去問をベースとした問題を配信していきます。
過去問をそのまま出題はせず、1級受験者にとってプラスアルファの学びにつながる「ひとひねり」を加えています。

 
それでは、本日のお題となる問題は、こちらです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 過去の1級学科試験をアレンジしたオリジナル問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
被相続人が受け取るべきであった給与を、被相続人が受け取らないまま死亡した場合に、その給与額に対してどのような課税が生じるかを答えなさい。

ただしこの問いには、給与に関する前提に応じて複数の答えが存在する。

考えられるだけ前提を挙げるとともに、
・どのような前提なら
・誰に対して
・どのような課税がなされるか
の3点をセットにして答えなさい。

※前提が3種類あれば、上記3点セットを3つ答えることになります



【皆様から質問、一言コメントがあればお書き下さい(任意回答・何でもOK!)】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(問題ここまで)━━━


今回は、読者の方よりいただいた質問をもとにしています。
この機会に、被相続人の給与課税について、整理して理解しましょう。
この観点での出題も、過去に数問ありますよ。

私もたびたびお伝えしていますが、1問1答形式に慣れるのではなく、制度の全容を理解してさまざまな問題に正解できるようになるのが、合格の秘訣です。
その機会を、この通信添削企画でも皆様にご提供したいと思っています。

 
この問題に即答できない場合は、調べながら解答いただいてもかまいません。
この機会に学びを深めていきましょう!
回答は、来週月曜の23:59まで受け付けます。

来週に私からお送りする解答には、細かい観点で正しい点、誤りの点など補足アドバイスも付け加えてお伝えします。
1級の学習をサポートしてもらえる機会は、たいへん貴重ですよ!
読者の方全員に役立つ取り組みにしますので、皆様の回答をお待ちしています!


【解答方法】
■メールマガジンをお読みの方:
このメールに返信のうえ、上記の問題文中に解答を記入して送信して下さい。
メールの返信ボタンを押すと、宛先が publisher.mag2.com ドメインになっている場合がありますが、私のところにメールが届きますのでご安心ください。

■ブログ、facebook、ツイッターなどでこの問題をご覧の方:
お手数ですが、下記お問い合わせページからメールで解答をお送りください。
メール本文に、上記問題文と合わせて解答をご記入の上、ご送信ください。
お問い合わせページはこちら:https://money-study.net/contact.htm
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/19(日) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
独学では学びきれないけれども、試験に出題される点を中心に勉強します。
試験で高得点を狙い、合格を目指すノウハウが詰まった勉強会です!

■8/25(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策(1級基礎)総仕上げ勉強会
1級受験者にとって、確実に得点すべき基礎レベルを補強できる勉強会です。
(2級受験者にとっては難問だけど合否の分かれ目になるレベルです)

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
(FP1級・CFPのオプション問題に対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
(FP1級・CFPの分散投資の問題に対応しています)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タックスプランニング(税金)

2018年08月15日

FP1級通信添削.24の解答解説:土地のまた貸し評価に関する問題

みなさま、こんにちは。
FP技能士1級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

先週の、FP1級通信添削の解答・解説をお届けします。

 
前回5月に行われたFP技能士3級と2級の試験問題から、1級受験者向けにアレンジして出題していきます。
このシリーズの最終回の問題となります。

今回は3人の方より回答をいただきましたが、全員部分的には正解していたのですが、残念ながら完全正解者はいらっしゃいませんでした。
お一人ずつ解答をご紹介することも考えましたが、今回は正しい解答と考え方をまずはご説明していきたいと思います。
解答をお送りいただいた皆さんは、自分の解答と読み比べながら違いを把握し、正しい知識を身につけていただければと思います。

今回配信した問題は、こちらでした。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2018年5月実施 FP技能士2級 学科 問57をもとにしたオリジナル問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
土地所有者であるAさんは、Bさんに借地権を設定してその土地を賃借した。
Bさんは、さらにCさんに対して借地権を設定して、その土地を賃借した。
Cさんは、その土地上に自身の居住用住宅を建て居住している。
以上の内容について、Aさんは承諾している。

この土地の自用地評価額は100,000,000円、この土地の借地権割合は「D」である。

以上の前提のもと、下記文章の( )に当てはまる言葉、数値を記入しなさい。
数値については計算過程を別途示したうえで、1円未満の端数は切り捨てること。


この土地は、Aさんにとっては「貸宅地」とみなし、Aさんにかかるこの土地の相続税評価額は(   )円である。
Bさんにとっては(    )とみなし、Bさんにかかるこの土地の相続税評価額は(   )円である。
Cさんにとっては(    )とみなし、Cさんにかかるこの土地の相続税評価額は(   )円である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━


実は今回の2級試験で、「転貸借地権」という言葉がでました。
これは、借地権をさらに貸し出した場合に登場する言葉です。
設例にもあるように、地主Aさん→Bさん→Cさん、というように土地をまた貸しした場合に、登場する言葉になります。

それでは、この問題の答えを順にみていきましょう。

 
まず、借地権割合を把握することが先ですね。
借地権割合がDですから、数値では60%となりますね。

 借地権割合がA → 借地権割合=90%
 借地権割合がB → 借地権割合=80%
 借地権割合がC → 借地権割合=70%
    ・   →    ・
    ・   →    ・
    ・   →    ・

のように、90%から始まって10%ずつ下がっていきます。
借地権割合を表すアルファベットと借地権割合の対応付けは、実は2級でも暗記事項ですから、しっかり覚えておいてくださいね。

それではAさんにかかる相続税評価額ですが、貸宅地ですから、
 100,000,000×(1−借地権割合60%)=40,000,000 (4000万円)
となります。これは、3級でも学ぶ超基本ですね!
解答をお送りいただいた3人とも、バッチリ正解でした!

ただ、以後のBさんとCさんにかかる相続税評価額では、答えが分かれていましたので、以後の内容をしっかり理解していってくださいね。

 
まず、BさんがCさんにまた貸しする前の時点では、Bさんにおいては「借地権」としてこの土地を評価するので、

 借地権=100,000,000×借地権割合60%=60,000,000 (6000万円)

が評価額となります。ここで、下記の等式が成り立つことを思い出してください。

 自用地評価額 =  貸宅地 + 借地権
 100,000,000 = 40,000,000+60,000,000

もとの自用地の評価を、二人で4:6で分け合うことにもなるわけです。

 
さて、BさんがさらにCさんに借地権を設定して貸します。
実はこのとき、Bさんの評価額を、BさんとCさんでさらに4:6で分け合うこととなるのです。

Cさんに貸した後、Bさん側の評価額を「転貸借地権」といい、下記計算式で算出します。

 転貸借地権 = 借地権 ×(1−借地権割合60%)= 60,000,000×0.4
       = 24,000,000 (2400万円)

Cさん側の評価額を「転借権」と言い、下記計算式で算出します。
 転借権 = 借地権 × 借地権割合60% = 60,000,000×0.6
       = 36,000,000 (3600万円)

以上より、問題の答えは、次のようになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
この土地は、Aさんにとっては「貸宅地」とみなし、Aさんにかかるこの土地の相続税評価額は( 40,000,000 )円である。
Bさんにとっては( 転貸借地権 )とみなし、Bさんにかかるこの土地の相続税評価額は( 24,000,000 )円である。
Cさんにとっては( 転借権 )とみなし、Cさんにかかるこの土地の相続税評価額は( 36,000,000 )円である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━

このように、3者にまたがって土地が貸し出された場合においても、3人の評価額の合計は、元の自用地評価額と一致します。

自用地評価額 = 貸宅地 + 転貸借地権 + 転借権
  1億円  = 4000万円 + 2400万円 + 3600万円

いかがでしたでしょうか。
土地のまた貸し評価の評価ルールについても、この機会には理解しておいてくださいね。

 
次回からは、1級学科試験日が近づいてきているので、過去問ベースの問題配信を続けていきます。
次回の問題は明日に配信いたしますので、お楽しみに!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/19(日) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
独学では学びきれないけれども、試験に出題される点を中心に勉強します。
試験で高得点を狙い、合格を目指すノウハウが詰まった勉強会です!

■8/25(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策(1級基礎)総仕上げ勉強会
1級受験者にとって、確実に得点すべき基礎レベルを補強できる勉強会です。
(2級受験者にとっては難問だけど合否の分かれ目になるレベルです)

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
(FP1級・CFPのオプション問題に対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
(FP1級・CFPの分散投資の問題に対応しています)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続・事業承継・贈与

2018年08月13日

金融資産運用の分野に詳しくなれる勉強会のご案内

本日は、姉妹サイト「FPスキル実践活用勉強会」から、FP1級・CFPの試験対策にもなる2つの勉強会のご案内となります。

 
8/30(木)に「金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!」という勉強会を開催します。
金融資産運用の分野で、デリバティブのオプションについて勉強しますが、その本質の部分を詳しくわかりやすく学べる内容となっています。
試験対策テキストには表面的なことしか書いていませんが、オプションの理論・仕組みがしっかりわかり、かつ実際のオプション商品の特徴にも触れていきます。

金融リテラシーをさらに引き上げることができますし、1級試験のオプション問題もスラスラ解けてしまうことも体験していただけますよ。

 
翌月9/30(日)には、「ポートフォリオ理論の本質を学び、低リスク高リターンな国際分散投資を実現しよう」の勉強会を開催します。
国際分散投資の根底にある「ポートフォリオ理論」そのものを学びます。
分散投資でなぜリスクが下がるのか、そもそもリスクとは何を計算したものなのか、そして投資家にとって有利な低リスク高リターンを実現するにはどのように資産運用すればよいのか、という専門的なことを学びます。

ポートフォリオ理論も、試験対策テキストには結論的なことしか書かれていませんが、その本質を学んで詳しい理解が得られると同時に、FP1級やCFPで出題される分散投資やポートフォリオ理論の問題をスラスラ解ける知識も得られますよ。

 
試験対策にもなり、FPとして実践にも応用できる勉強会です。
参加希望の方は、下記に記載のURLより、お申し込みくださいね。
皆様のお越しを、お待ちしています!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/19(日) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会
独学では学びきれないけれども、試験に出題される点を中心に勉強します。
試験で高得点を狙い、合格を目指すノウハウが詰まった勉強会です!

■8/25(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策(1級基礎)総仕上げ勉強会
1級受験者にとって、確実に得点すべき基礎レベルを補強できる勉強会です。
(2級受験者にとっては難問だけど合否の分かれ目になるレベルです)

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
(FP1級・CFPのオプション問題に対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
(FP1級・CFPの分散投資の問題に対応しています)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP技能士1級合格勉強会