2017年03月22日

「過去問を繰り返せば、1級学科は合格できますか」という質問への答え

1級受験に関する質問を一ついただきましたので、ご紹介したいと思います。

ご質問は、「1級学科は、過去問をしっかり繰り返せば合格できますか」という内容です。
書店で売られている問題集のほとんどは、実質的に過去問解説のような内容になっていることから、このようなご質問をいただきました。

以下では、1級学科試験に関する内容に限定して話を進めていきます。

 
「過去問をしっかり繰り返せば合格できますか」に対する私の答えは、「過去問をしっかり繰り返しても、不合格になる可能性は十分にある」です。

1級学科受験者の方には厳しい回答ですが・・・でも本心で私はこう思っています。

1級学科の合格率やおよそ10%です。
多くの受験者は、テキストを読み、そのうえで過去問を何度も繰り返し解いたうえで、本番試験に臨まれています。
満点は200点。合格ラインは6割である120点です。
徹底的に問題を繰り返し解いたことで、かなり自信がついた方であっても、試験結果は110点あたりになることが多いのです。

悔しくて、2度、3度試験にチャレンジしても、なかなか120点の壁を越えられない、過去問を徹底的にやっているのになぜ??
こういう思いの受験者も、多くいらっしゃいます。

 
なぜ問題集だけでダメなのかというと、1級学科は過去と同じ問題が出にくいからなのです。
試験範囲は膨大に広く、知らない世界からの出題は頻繁にあります。
さらに新しい法改正・各種制度改正も積極的に出題されるので、過去の問題ばかりにとらわれていることが、そもそも受験者の姿勢として望ましくはないと私は考えています。

なので、「過去問を繰り返し解く」ことは最低限必要ですが、それに加えて、次の学習も取り入れるべきです。

・過去問で出題された問題だけでなく、その問題の周辺知識をも網羅的に学ぶため、専門書などで体系的な知識を得ておく
・最新の制度改正を先行して入手するため、新聞を読む、FP向け・金融機関職員向け・税理士向けの専門誌を定期購読する

質問された方は、どの問題集も過去問解説形式だから、きっと過去問を繰り返せば合格できるのだろう、と考えていらっしゃたのかもしれません。
でも残念ながらそうではないので、過去問にとらわれることなく学びの範囲を広げましょう、が私からのメッセージです。

 
今回の回答は以上となりますが、FP技能士1級合格勉強会の公式サイトにも、学習法についてたくさん解説をしています。
ぜひこちらもご覧ください。
http://money-study.net/1fp/exam/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●4/22(土) 相続相談事例から学ぶ、計画的な相続対策
2つの相続相談事例を取り上げ、相続に関する問題をどのように解決すれば
よいかを考えていきます。相続における実践力が身につく内容です。

●4/22(土) 資産運用・不動産活用・相続分野でFP業務に役立つIT活用勉強会
ライフプランニング以外で、これら3つの分野でFPの皆様に役立つソフトに
関する情報提供・意見交換を行う内容です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FP勉強会スタッフ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FP1級試験関連

2017年03月16日

FP1級学科「お勧めの教材を教えてください」という質問に対する答え

1級受験者の方から頂く質問で多いのが、「お勧めの教材を教えてください」という質問です。

この質問に、私はいつも、こう答えています。

「お勧めの教材は、特に存在しません」

なんだか身もふたもない表現であり、1級受験者にとってはガッカリする回答なのですが・・・でも私は本心で、そう思っているのです。
その根拠ですが、どの教材も、広大な1級試験範囲の一部を切り出したものにすぎず、その1冊で合格を目指せるものではないからです。

もちろん、試験勉強をする上では、テキストなどの教材は、ないよりあったほうが良いです。
でもどの教材を買っても、それだけで合格に届くほど甘くはないのが現実です。
もし立派な教材が存在するなら、1級学科合格率が10%という低さになることはなく、もっと高い合格率になっているはずです。


質問に対する直接のお答えは以上の通りとなりますが、私はこれに加えて、試験で高得点を取りたい方へ、次のようにもお話をしています。

・まずはどの出版社でもよいので、そこそこ記述量があるテキストを1冊購入すること
・いずれそのテキストでも不十分だということに気づくので、そうなったら自ら専門的な教材を探し(その分野の専門書を推奨)、個別に追加学習を積み重ねること

この内容をもう少し丁寧に詳しく解説したものが、FP1級合格勉強会の公式サイトにあります。下記URLから順番にお読みいただければ、参考になると思います。
http://money-study.net/1fp/exam/gakka-info.htm
※このページを起点に、数ページにわたって読み続けることで話がつながるようになっています。

今回の質問以外の観点でも、いろいろ書いていますので、これから1級を受験される方は是非参考にしてくださいね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●3/18(土)午前 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
FP技能士試験の合格に役立つ、様々な情報をお伝えする内容です。

●3/18(土)午後 家計診断で学ぶ、50歳からのセカンドライフ
お金の問題を抱えた50歳ご夫婦の家計を診断をし、家計の問題点と、
その解決法を導きます。FP相談事例を模擬体験できる内容です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FP勉強会スタッフ at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | FP1級試験関連

2017年03月09日

雇用保険における、教育訓練助成金制度の改正ニュース

FP1級試験では、雇用保険の教育訓練給付金について出題されますが、この制度の改正に関するニュースです。

ひとり親の教育訓練助成金を拡充 厚労省、補助率6割に
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF03H0J_X00C17A3EE8000/

通常、教育訓練給付金制度においては、かかった費用の20%を給付してくれます。
ひとり親の場合には、これが60%に拡大されるというものです。


ちなみに従来から、雇用保険の教育訓練給付金を受給できないひとり親の方に対して、60%の給付制度が存在していました。詳細は、下記の厚生労働省のホームページをご覧ください。

従来からある、母子家庭自立支援給付金及び父子家庭自立支援給付金事業の実施について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062986.html


今回の改正は、ひとり親の場合において、
・教育訓練給付金を受給できない人には、60%の給付があるのに、
・教育訓練給付金を受給できる人には、20%の給付しかない
という差異を解消するためのものと考えられます。

このような改正があることも、知っておいてくださいね。
1級試験は非常に範囲が広いです。こういった知識の積み上げが、得点アップにつなげるコツでもあります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●3/18(土)午前 受験前に役立つ情報満載!FP技能士3級2級合格ガイダンス会
FP技能士試験の合格に役立つ、様々な情報をお伝えする内容です。

●3/18(土)午後 家計診断で学ぶ、50歳からのセカンドライフ
お金の問題を抱えた50歳ご夫婦の家計を診断をし、家計の問題点と、
その解決法を導きます。FP相談事例を模擬体験できる内容です。

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FP勉強会スタッフ at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険制度

2017年03月01日

本日はFP1級学科試験の合格発表日!受験された方は合否チェックを忘れずに!

みなさま、こんにちは。
FP技能士1級合格勉強会運営スタッフ(公式サイト管理人)の佐藤です。

本日は、前回1月に行われたFP技能士1級学科試験の合格発表日です。
合否の発表時刻は、朝10時ごろです。
きんざいのサイト上から、合否の確認を行えます。(受験票が必要です)
お早目に合否の確認をしておきましょう。

難関資格である1級学科にみごと合格されたら、残すは1級実技試験のみです。
1級実技は、学科試験に比べれば難易度は低く、合格率はおよそ80〜90%です。
1級取得は目前といえますが、決して油断せず、確実な合格を狙いましょう。

 

一方で残念ながら不合格だった方は、次回の試験にもぜひ再挑戦してほしいと思います。
おそらく多くの方は、何が足りなかったのか、今後どのような学習をすればよいのか、という点で悩まれていることと思います。

1級学科合格のコツは、学びの範囲を「試験対策テキスト+問題集」に限定しないことです。
2級3級で定番だった学習法は、1級学科では通用しにくいのです。
詳しいことは、当FP技能士1級合格勉強会の公式サイトに記載しています。
過去にご覧いただいた方も今一度、一通りお読みいただければと思います。
あなたが次に何をすべきか、新たな気づきが得られると思います。

【1級試験の傾向と対策】 ※複数ページにわたって記述があります
http://money-study.net/1fp/exam/index.htm

 

笑いあれば涙ありの合格発表日でありましょう。
合否のいずれの結果であっても、受験された皆さんにとって、次のステージへの第一歩となることを期待しております。

 

現在、私の方では、FP技能士1級試験に合格するための勉強会の企画を練っているところです。
1級合格を目指す全ての皆様のお力になれるものにしたいと思っています。
ぜひ楽しみにしていただければと思います。

 

また、姉妹サイト「家計の改善FP勉強会」「ハイレベルFP勉強会」にも、ぜひ足を運んでみてください。
こちらは試験対策のように知識を得るのが目的ではなく、学んだ6分野の知識を実践的に活用して困った人の力になることを目的にした勉強会です。
FPとなってお金の課題を抱えた方の相談に乗ってアドバイスを行う、といった取り組みも行っています。
ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご参加くださいね。

【家計の改善FP勉強会 公式サイト】
http://money-study.net/life-plan/

【ハイレベルFP勉強会 公式サイト】
http://money-study.net/high/

※それぞれで専用のメールマガジンを用意しています。
posted by FP勉強会スタッフ at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | FP1級試験関連