2018年05月31日

FP1級通信添削.15の解答解説:特定の居住用財産の買換え特例に関する問題

前回の、FP1級通信添削の解答・解説をお届けします。

今週の解答解説は木曜配信となり、いつもより遅れてスミマセン。。。

7/29(日)に、「FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会」を開催します。
この勉強会で使用する問題から、一部抜粋して出題しています。
今回も、皆様から解答をいただきました。
その回答をご紹介しながら、私からも解説をお伝えしますね。

では、最初のお送りいただいた解答をご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7/29(日)開催のFP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会より、さらに改題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の記述が正しい場合は、〇を記入のうえ、FPとして一言程度補足の説明を加えてください。
記述が誤っている場合は、誤りの箇所を正しい記述に訂正しなさい。


「2018年4月以降、特定の居住用財産の買換え等の場合の譲渡所得の特例の適用を受けるにあたり、買い替え資産が中古住宅である場合には、建築後25年以内の耐火建築物であることと、一定の耐震基準を満たすことの両方の要件を満たさなければならない。」


■お送りいただいた解答
誤りです。
中古住宅である場合の要件としては、「非耐火住宅で取得日以前25年以内に建築されたもの、または地震に対する安全性に係る規定のいずれかを満たすこと」となります。
よって、両方の要件を満たす必要はありません。


■お送りいただいた解答
問題文中、「建築後25年以内の耐火建築物であることと、一定の
耐震基準を満たすことの両方の要件を満たさなければならない。」
とある部分が誤りです。

正しくは以下の通りです。
「建築後25年以内の耐火建築物の中古住宅であること。ただし、
一定の耐震基準を満たすものについては、建築年数の制限はない。」

要件の両方を満たす必要はないという事になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━

解答いただき、ありがとうございました。
この問題の答えは「誤り」であっていて、両方の要件を満たす必要はない、という点も正しいです。お書きいただいた2点、

・非耐火住宅で取得日以前25年以内に建築されたもの
・地震に対する安全性に係る規定を満たす(=一定の耐震基準を満たしている)

の場合は、確かにこの特例の適用を受けられます。
ですが、これ以外にも特例の適用を受けられるケースがありますので、それも含めてもれなく書けているとベストですね。

さらに次の方の解答を見てみましょう。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■お送りいただいた解答
・「建築後25年以内」を「取得後25年以内に建築」
・「と、一定の耐震基準を満たすことの両方の要件を満たさなければならない」を「一定の耐震基準を満たすものは建築年数の制限はない」
の2つを直す

買い換えるマイホームが、耐火建築物の中古住宅である場合には、取得の日以前25年以内に建築されたものであること。
ただし、耐火建築物以外の中古住宅及び耐火建築物である中古住宅のうち一定の耐震基準を満たすものについては、建築年数の制限はありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━

解答ありがとうございます。
まず、「建築後25年以内」を「取得後25年以内に建築」 に直された点ですが、これは結局同じことを意味していますので、特に直す必要はない箇所です。
ちょっと深く考えすぎてしまったのかもしれませんね (^_^)

さて、この解答内容を整理すると、次のようになりますね。

■耐火建築物で、建築後25年以内のもの
適用を受けられる。

■耐火建築物で、建築後25年を超えるもの
一定の耐震基準を満たすなら、適用を受けられる。

■耐火建築物でない建物
築年数を問わず、一定の耐震基準を満たすなら、適用を受けられる。

「建築年数の制限はない」という表現は、一般の人にもわかりやすく言い換えると「築年数に関係なく適用を受けられる」となりますね。
法律上の言い回しは、分かりにくいものです・・・。
一般の人に説明するときには、言い換えるといいですね。

ですがこの解答では、「耐火建築物でない建物」の説明が、残念ながらまだ完ぺきではありません。


さて、ここまで3人の解答は、おそらく2018年4月以降の改正内容の差分の記述を参考にして解答を書かれたものと想像します。
差分の解説なら上記説明であっているのですが、改正後の内容も含めて
・どのような条件で適用可能となり
・どのような条件なら適用できないのか
の全容を説明しきれていないのです。部分的な説明にとどまっているのです。
まあ、既存の税制改正の記述が、そもそも部分的な書き方ですからね・・・

ではここで、きちんと整理して理解しておきましょう。


2018年4月の改正の前後で、この買い替え特例の適用要件がどのように変化したかを、下記の通りまとめています。

■耐火建築物で、建築後25年以内のもの
改正前も、改正後も、適用を受けられる。

■耐火建築物で、建築後25年を超えるもの
改正前は、適用を受けられなかった。
改正後は、一定の耐震基準を満たすなら、適用を受けられる。

■耐火建築物でない建物
改正前は、築年数に関係なく、適用を受けられなかった。
改正後は、つぎのいずれかを満たすと、適用を受けられる。
・建築後25年以内である
・一定の耐震基準を満たしている


改正前後で、このような変化がある点を、覚えておいてくださいね。
で、結局「改正後」の中古住宅に対する要件は、次のように2つに整理されるのです。

  [次のいずれかの要件を満たすこと]
  ・建築後25年以内であること
  ・一定の耐震基準を満たしている

耐火建築物かどうか、という要件はなくなりました。
耐火建築物も、耐火建築物でないものも、同じ条件になったからです。
シンプルになりましたね(笑)

「シンプルになった」と、税制改正の解説記事に書いてあってもいいのになあ〜。
世間の税理士さんは、みんな難しく考えすぎですよ(笑)


では最後の方の解答をご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中古家屋で耐火建築物以外のものである場合の要件に、その取得の日以前25年
内に建築されたものであること、又は耐震基準のいずれかを満たすことを加えた上、
その適用期限を2年延長し、平成31年12月31日までの譲渡について本特例の適
用対象となります。
なお、中古家屋で耐火建築物以外のものを取得した場合でも、その取得期限までに
改修等を行うことにより要件をクリアしたものには、要件を満たす家屋を取得したものと
みなされます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━

特例を適用できるかどうかの細かい解説は、すでに記載しておりますのでそちらをご参照ください。
お送りいただいたこちらのご解答には、1級受験者が知っておくべき補足事項について触れられています。

「その適用期限を2年延長し」とありますが、この特例は2年ごとに延長され続けている特例ですよね。
実は延長されるたびに、要件が多少変化することがここ最近は続いています。
次も2年間延長されるような気もしますけれど(笑)、その際には適用要件に変化がないかどうかを注意深く見るようにして下さいね。

「中古家屋で耐火建築物以外のものを取得した場合でも、その取得期限までに
改修等を行うことにより要件をクリアしたものには、要件を満たす家屋を取得
したものとみなされます」とお書きいただいた点も、細かいですが知っておくべきところです。

要は、建築後25年を経過していて耐震基準を満たしていない建物は、そのままでは特例の適用を受けられないけれど、取得直前までに耐震リフォームして耐震基準を満たしたなら、特例の適用を受けられますよ、ということですね。

以上の細かいところも、1級試験では出題される可能性があるので、皆さん覚えておいてくださいね。



以上が、解説となります。
解説が、なんだかすごく長くなったなぁ・・・
火曜に配信できなかったいいわけです(笑)

3級で概要を勉強したこの特例ですが、適用要件を正確に説明しようとすると、意外と奥が深いですよね。
この特例の細かいところを出題したり、税の計算問題を出題してくるのが1級学科試験です。
下記に国税庁のURLもご紹介しますので、細かいところも含めて理解してくださいね。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/joto/3355.htm



7/29(日)に開催する「FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会」では、この問題を含め、直近1年ほどで改正された内容を100〜150問程度用意しています。なかなか自力では理解しづらいところも集中的に学べますので、次の試験で得点アップを狙う方は、ぜひご参加くださいね。

この勉強会の詳細と参加申し込みは、下記URLよりお願いいたします。
https://money-study.net/1fp/session/



今回いただいた一言コメントは、後日ご紹介させていただく予定です。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
・8月(予定) FP技能士1級学科 総合力強化勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タックスプランニング(税金)

2018年05月30日

「難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会」を開催します!

本日は、FP技能士1級試験に関する勉強会のご案内です。

これからFP1級学科試験を受験される方を対象として、試験合格に役立つ情報をたくさん得られる「難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会」を、東京都内で開催します。
次回は、7/22(日)に開催することが決定しました。

・広く深く正確な知識をカバーするために学びの視点を広げ、
・初出題・未知の出題への対応力も高め、
・実践的な学びの感覚をもってFP1級合格を目指そう!

というテーマでお送りする、FP技能士1級学科のガイダンス会です。

・2級に合格し、これから1級合格を目指したい方
・1級試験を受験するかどうか検討中の方
・1級学科不合格となり、自分に足りない点を補って次こそ合格したい方

など、FP1級にご興味ご関心をお持ちの方ならどなたでもご参加いただけます。
今回のガイダンス会の開催概要は次の通りです。
日本で唯一・独自の内容で、FP1級を目指す皆様を応援いたします!

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

まず、FPの最上位資格であるFP1級とCFPが、金融業界でどのような位置づけの資格なのか、どのようなスキルが求められているのかをご紹介します。
FP1級とCFPとの違いや、FP1級やCFPにまつわる様々なウワサ、都市伝説についても触れてみます。
FP1級の取得メリットや、一部の金融機関はなぜFP1級の資格を取らせようとしているのか、などもご紹介します。
合格に向けて、自分がこれからどのようなレベルを目指していくのか、資格取得に向けてのスタートラインとゴールラインを明確にしていきます。

■他の専門資格との関連性、FP資格と比較したメリット・デメリット
税理士・社労士など、6分野にわたって他の専門資格が存在します。それらの資格とFP1級との間に、どのような関連性があるのか、主に業務上の観点からご紹介します。
また、これら専門資格とFP1級の、どちらを取るのが有利なのか、両方取るとどのようなメリットがあるのかなど、複数のケースでご紹介します。

■FP1級・CFPの試験体系と合格までの道のり
FP1級とCFPは、互いに異なる資格でありながらも、取得までの道のりに重なる点もあります。
この両FP資格を含め、FP資格体系の全体を理解し、受験に必要な要件・道のりをご紹介します。
また、FP1級学科試験とCFP試験の違いも、いろいろな観点でご紹介していきます。
人によって、どちらがとりやすいか、どちらを取るべきかの判断が分かれる点もありますので、そこにも踏み込んでご紹介していきます。

■FP1級学科体験問題で、合格率が低い理由と出題の特徴を体感
FP1級学科試験の体験問題にチャレンジしていただき、FP1級でどのような学びの視点が必要なのかを、体験していただきます。
過去問の一部をご紹介しながら、FP2級試験と比較して出題の違い、難易度の違い、出題の観点の違いも紹介します。
FP1級学科試験はなぜ合格率が低いのか、そして受験者が乗り越えるべきハードルは何なのかを、前もってイメージしていただけます。

■FP1級学科合格に近づく4つの学習法と、合格に役立つ教材
FP1級学科は難関試験であり、2級までの学習法が通用しにくい特徴があります。
その1級学科試験を乗り越えるための優良な教材が、実は身近なところに存在します。お金のかかる高額教材ばかりではなく、無料で手に入る教材もあります。
市販の試験対策テキストだけでなく、それらの教材も活用した4つの学習法をご紹介します。
この学習法で、1級学科の広く深い試験範囲をカバーでき、 未知の出題に対する対応力をつけ、最新の法改正問題にも対応でき、合格につながる大きな力になります。

■FP1級学科合格者によるパネルディスカッション
FP1級学科試験の前回の合格者を数名お招きし、合格までの過程で苦労したこと、効果的な学習法、合格の決め手、後悔したことなどをお話頂きます。
前回学科の合格者は全国に数百人しかいませんが、その合格者が何人も集まり、 これから学科合格を目指す方へアドバイスもお話いただける、とても貴重な機会です!

■FP1級に関する様々な質問にお答えします!
FP1級に関する質問に、当勉強会スタッフやパネルディスカッションにお越しいただく合格者が、お答えしていきます。
1級試験に限らず、FPに関して幅広いテーマにもお答えします。
疑問・質問があれば、この機会に全部解消しましょう!

■雑談ミニ交流会もあり
参加者・合格者・運営スタッフとで、ざっくばらんに語り合う時間もあります。
受験の動機、試験対策のコツなど、楽しく情報交換ができる時間です。
同じ目標に向かって頑張る仲間と出会いたい、いろいろ有益な情報を得たい、という方にはとても貴重な機会です。

以上のように、FP1級学科合格に向けて、よりよいスタートアップを切るための内容が盛りだくさんです。
初めて受験する人も、再挑戦される方も、勢いよく合格を目指せる機会になりますよ!

「楽しく学べる会」をモットーに毎回開催しておりますので、皆様のご参加をお待ちしています!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
以上が概略となります。
ガイダンス会の詳細と参加申込は、下記公式サイトよりお願いいたします。
https://money-study.net/1fp/session/
※PC、スマホ両対応のサイトです。

合格を目指す皆様とお会いできるのを、楽しみにしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
・8月(予定) FP技能士1級学科 総合力強化勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP技能士1級合格勉強会

2018年05月29日

FP1級通信添削.16:特定の居住用財産の買換え特例に関する問題

毎週恒例の、FP1級学科試験の通信添削です。


いつもは毎週火曜に前回の解答を配信、毎週水曜に今週の問題を配信、と
しております。
ですが今週は、本日火曜に今週の問題を配信し、あさって木曜に前回の解答を
配信、とさせていただきます。


今週も私からFP1級に関する問題をお出ししますので、皆様からの積極的に解答をお待ちしています!
翌週に、皆様から頂いた解答をご紹介し、ご質問にもお答えしながら、正解と
解説をお届けします。
ラジオの読者投稿コーナーのような感じで、楽しみながら勉強しましょう!

CFP試験にも対応していますので、CFPを目指す方もご活用くださいね。

 
今回も、当勉強会で開催予定の「FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会」で使用する問題から出題します。
もし問題の答えが分からなかったら、ぜひ自分で調べて解答してみて下さいね。

それでは、本日のお題となる問題は、こちらです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7/29(日)開催のFP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会より、さらに改題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年4月より宅地建物取引業法が改正され、中古住宅の取引時の建物状況調査について規定された。改正後の下記記述が正しい場合は、〇を記入のうえ、FPとして一言程度補足の説明を加えてください。
記述が誤っている場合は、誤りの箇所を正しい記述に訂正しなさい。


「建物状況調査とは、既存住宅の基礎、外壁等の部位毎に生じているひび割れ、雨漏り等の劣化・不具合の有無を目視、計測等により調査するものであるが、その実施までは義務付けられておらず、あっせんの有無を媒介依頼者に伝えることが義務付けられるものである。」



【皆様からの質問、FP体験談、雑談など一言メッセージ(任意回答・何でもOK!)】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(問題ここまで)━━━

この宅地建物取引業法の改正は、どこかで聞いたことがあるという方もいらっしゃると思います。
FPとしても、不動産購入の相談で知っておくべき内容となりますので、この機会に勉強しておきましょう。

分からない問題があれば、ぜひ簡単にでも調べて、解答してみて下さいね。
来週に私からお送りする解答には、細かい観点で正しい点、誤りの点も補足アドバイスも付け加えていきます。
1級の学習をサポートしてもらえる機会は、たいへん貴重ですよ!
自分のためにも、そして他の受検者にも役立つ取り組みにしていきますので、皆様からの回答をお待ちしています!


【解答方法】
■メールマガジンをお読みの方:
このメールに返信のうえ、上記の問題文中に解答を記入して送信して下さい。
メールの返信ボタンを押すと、メールの宛先が publisher.mag2.com のドメインになっている場合があります。
それでも、私のところにメールが届きますのでご安心ください。

■ブログ、facebook、ツイッターなどでこの問題をご覧の方:
お手数ですが、当勉強会の公式サイトのお問い合わせページから、メールで解答をお送りください。
メール本文に、上記問題文に解答をご記入の上、ご送信ください。
お問い合わせページ:https://money-study.net/contact.htm


皆様からの解答は、次の日曜日の23:59まで受付します。
解答とお返事の配信は、次の火曜日を予定しています。
メールでいただいた皆様からの解答には、直接のお返事は差し上げませんが、
次回のメールマガジンにて解答、お返事を差し上げてます。



それでは、皆様からの積極的な解答を、お待ちしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
・8月(予定) FP技能士1級学科 総合力強化勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキル実践活用勉強会

2018年05月26日

今週の皆様からの一言コメント:DCプランナーとFP開業

本日は、前回の通信添削企画で、皆様よりいただいた一言コメントをご紹介させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年、FPの勉強を再開したきっかけは、この「iDeCo」を詳しく知りたいと
思ったことからでした。DCプランナーにも興味がありますが、今年9月は協会
1級実技と試験日が重なっているので、もし受けるとすれば来年以降に
なると思います。個人的には、国も力を入れている施策だと思うので、
もっと受験者が多くても良さそうだと思うのですが、やはりFPと試験日が一緒
だからみんなFPの方を受験するのでしょうか?FPに比べてDCプランナーは
扱いが地味な感じがします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━

DCプランナーにもご関心をお持ちなのですね。
ですが、まずは9月の1級実技試験を受験されるとのことですので、合格目指して頑張りましょう!
FP協会の1級実技は、年々合格率が下がっている傾向がありますので、油断せずに試験に臨んでくださいね。

DCプランナーの資格は、FP資格と同じく、持っているからと言って何か特別な地位や仕事があるわけではありません。
受験者が増えるためには、多くの人が、その資格を取るメリットを体感できる環境が必要でしょうね。
DCプランナーの資格取ろうかどうしようか・・・と思っている人は、他にもいらっしゃると思います。

私個人的には、今のところDCプランナーの資格を取る予定はありません。
資格を取るメリットが、自分なりにも体感できないからです。
私は業務上、FP6分野にわたって関わることがあるため、DCプランナーよりFP1級のほうが、よほど役に立っています(笑)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は現在AFP保持者です。開業を(形ばかりですが) 副業でしており、またCFP経由FP1級
取得を目指しております。(CFPはライフとリスクの2科目合格しております。)

また、私の妻もFP2級の取得を目指しており、5/13の勉強会に参加させていただきました。

6月のCFP試験の受験をするために、普段は試験科目(金融と不動産)の勉強をしてい
ますので、このメルマガについて考え回答することはいい気分転換にもなります。

メルマガの投稿は大変だと思いますが、頑張ってください。
よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━

CFPを目指されるとのこと、6課目合格に向けてがんばってくださいね!
この通信添削の企画が、お役に立てれば嬉しく思います。

ご夫婦ともにFPで、互いに役割分担をもって活動している方もいらっしゃいます。
今後にFPとしてご活躍されることを、お祈り申し上げます!

みなさま、今週も一言コメントをいただき、ありがとうございました。



さて、今週の通信添削の問題を再掲します。
多くの方からの解答を、お待ちしております。
皆様からの一言コメントも、楽しみにしています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会より、さらに改題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の記述が正しい場合は、〇を記入のうえ、FPとして一言程度補足の説明を加えてください。
記述が誤っている場合は、誤りの箇所を正しい記述に訂正しなさい。


「2018年4月以降、特定の居住用財産の買換え等の場合の譲渡所得の特例の適用を受けるにあたり、買い替え資産が中古住宅である場合には、建築後25年以内の耐火建築物であることと、一定の耐震基準を満たすことの両方の要件を満たさなければならない。」



【皆様からの質問、FP体験談、雑談など一言メッセージ(任意回答・何でもOK!)】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(問題ここまで)━━━

今回は、FP3級でも出題される「特定の居住用財産の買換え等の場合の譲渡所得の特例」です。
細かい要件が多いうえに、日常的にあまり触れる機会があまりないですよね。
なので忘れやすい特例ですが、この機会に思い出してみましょう!

分からない問題があれば、ぜひ簡単にでも調べて、解答してみて下さいね。
来週に私からお送りする解答には、細かい観点で正しい点、誤りの点も補足アドバイスも付け加えていきます。
1級の学習をサポートしてもらえる機会は、たいへん貴重ですよ!
自分のためにも、そして他の受検者にも役立つ取り組みにしていきますので、皆様からの回答をお待ちしています!


【解答方法】
■メールマガジンをお読みの方:
このメールに返信のうえ、上記の問題文中に解答を記入して送信して下さい。
メールの返信ボタンを押すと、メールの宛先が publisher.mag2.com のドメインになっている場合があります。
それでも、私のところにメールが届きますのでご安心ください。

■ブログ、facebook、ツイッターなどでこの問題をご覧の方:
お手数ですが、当勉強会の公式サイトのお問い合わせページから、メールで解答をお送りください。
メール本文に、上記問題文に解答をご記入の上、ご送信ください。
お問い合わせページ:https://money-study.net/contact.htm


皆様からの解答は、次の日曜日の23:59まで受付します。
解答とお返事の配信は、次の火曜日を予定しています。
メールでいただいた皆様からの解答には、直接のお返事は差し上げませんが、
次回のメールマガジンにて解答、お返事を差し上げてます。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
●8月(予定) FP技能士1級学科 総合力強化勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプランニング

2018年05月24日

2018年1月のFP1級学科合格者で、受験の体験談などお話頂ける方を募集中!

本日は、前回1月に行われたFP1級学科試験で見事合格された方への、ご案内となります。

7/22(日)に「難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会」を開催します。
このガイダンス会では、前回のFP1級学科試験に合格された方(自己採点で合格が見込まれている方)にご協力いただきたい内容がありますので、下記の通りご案内をお送りさせていただきました。


このガイダンス会は、これからFP1級学科合格を目指す方向けに、得点アップのための学習法や、1級学科合格に役立つ情報をお伝えすることを目的とした勉強会です。

このガイダンス会で、FP1級学科合格者によるパネルディスカッションを行います。
パネルディスカッションでは、
・合格目指してどのような勉強をしたのか
・苦労をどのように乗り越えたのか
といった合格者の生のアドバイスをご提供いただきたいと思っています。

つきまして、1級学科合格者として、このパネルディスカッションにお越しいただける方を募集しています。
ご協力いただいた方には薄謝ではございますが、講師料として3000円をお支払いし、勉強会後の懇親会にもご招待いたします。

今回は、下記条件のすべてに該当する方を募集します。
・2018年1月のFP1級学科試験を受験し、合格された方
・1級学科合格までの体験談や苦労話を、お話しいただける方


この合格者募集は、最初は私の身近な方からご案内し、徐々に公募形式で広く募集をかけていきます。
募集人数は、3名程度を予定しており、人数に達した時点で受付を終了します。

合格者と受験者が集まり、FP1級という共通点で交流しながらも、有益な会となるよう開催いたします。
合格者としてご協力いただける方は、ぜひ下記URLよりお早めにご応募いただければ幸いです。
https://money-study.net/1fp/info/panelist.htm

よろしくお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
●8月(予定) FP技能士1級学科 総合力強化勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP技能士1級合格勉強会