2018年06月26日

FP1級通信添削.19の解答解説:介護保険の居宅介護住宅改修費に関する問題

先週の、FP1級通信添削の解答・解説をお届けします。

今週からしばらくは、前回5月に行われたFP技能士3級と2級の試験問題から、1級受験者向けにアレンジして出題していきます。

今回も、皆様から解答をいただきました。
その解答をご紹介しながら、私からも解説をお伝えしますね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2018年5月実施 FP3級学科 問2を改題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公的介護保険において、要介護認定を受けた被保険者に支給される「居宅介護住宅改修費」について、その概要や受給要件を簡単に説明してください。


■お送りいただいた解答

介護保険では住宅改修の費用について居宅介護住宅改修費として20万円を上限として給付されます。要支援でも要介護でも在宅サービスの支給限度額とは別枠で利用できます。問題では要介護とでてますが要支援の方でも介護予防住宅改修費と名前が変わりますが利用することができます。

自己負担は費用の1割又は2割です。費用が20万円を越える場合は、20万円の1割である2万円又は2割である4万円と20万円を越える分が利用者の負担となります。住宅改修の見積もりで20万円を越えた場合、自治体独自の住宅改修補助制度を利用することができればこれを合わせて利用することで利用者負担を抑えることができます。住宅改修費20万円の支給は原則1回ですが、要介護区分が3段階上昇した場合と、引っ越しをした場合は、再度利用できる場合があります。
住宅改修費の支払いの方法は、償還払い方式(まずは利用者が費用全額を支払い、後から自治体が9割又は8割を償還)と受領委任払い方式(認可を受けた事業所を利用する場合、はじめから1割又は2割の負担で行える)があり、自治体により異なります。

2018年8月の介護保険改正では、2割負担の人の一部の方は3割負担に引き上げられます。

介護保険で住宅改修をするには、改修工事の前に市町村の窓口に申請をする必要があります。事前に申請をすることなく改修をした場合や介護保険証に記載されている住所以外での住宅改修は、介護保険からの給付の対象とならないので注意が必要です。
また、介護保険を利用する場合には、要介護認定の区分が決定していない場合でも、要介護認定の申請さえ行っていれば適用となります。

介護保険の対象となる住宅改修について
・廊下や階段、浴室、トイレ、玄関まわり等へのてすりの設置
・段差解消のための敷居の平滑化、スロープ設置、浴室床のかさ上げ等
・滑り防止、および円滑な移動のための床材の変更(畳・じゅうたん・板材等)
・扉の取替え(開き扉・引き戸・折り戸等、ドアノブ交換等)
・洋式便座等への便器の取替え
・上記の住宅改修に付帯して必要となる改修(下地補強、給排水設備工事、壁・柱・床材の変更等)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━

解答ありがとうございました。
お書きいただいた内容でバッチリだと思います。
なので、私から追加で書くことがほとんどありません(笑)

FP試験の受験者が勘違いしやすいところを、いくつか補足しますね。

お書きいただいた通り「上限が20万円」となっていますが、これは工事費用の上限であり、給付金額の上限ではありません。

また、要介護認定の区分が決定していない場合でも申請できますが、万一どの要介護・要支援の区分にも該当しなかった場合は、給付はない(全額自己負担)となります。これは、居宅介護(介護予防)住宅改修費に限らず、介護保険給付全般に言えることです。

この20万円は、要支援1〜2または要介護1〜5によって規定されている介護サービス支給限度額とは、別枠で設定されているものとなります。


皆様も、以上の解答を参考にしてくださいね!

ここ最近は、解答をお送りいただく方がちょっと少なくなってきています。
今回解答をいただいたのは、お一人だけでした。。。
私もさみしくなってきておりますので(笑)、来週以降は、ぜひ意欲的に回答をお送りいただけると嬉しいです!

もうすぐ、1級学科試験とFP協会の1級実技試験もありますよね。
皆様の得点アップにつながるよう、この通信添削企画をお届けしていきます!

次の問題は、明日に配信しますので、お楽しみに!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
■8/19(日) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプランニング

2018年05月26日

今週の皆様からの一言コメント:DCプランナーとFP開業

本日は、前回の通信添削企画で、皆様よりいただいた一言コメントをご紹介させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年、FPの勉強を再開したきっかけは、この「iDeCo」を詳しく知りたいと
思ったことからでした。DCプランナーにも興味がありますが、今年9月は協会
1級実技と試験日が重なっているので、もし受けるとすれば来年以降に
なると思います。個人的には、国も力を入れている施策だと思うので、
もっと受験者が多くても良さそうだと思うのですが、やはりFPと試験日が一緒
だからみんなFPの方を受験するのでしょうか?FPに比べてDCプランナーは
扱いが地味な感じがします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━

DCプランナーにもご関心をお持ちなのですね。
ですが、まずは9月の1級実技試験を受験されるとのことですので、合格目指して頑張りましょう!
FP協会の1級実技は、年々合格率が下がっている傾向がありますので、油断せずに試験に臨んでくださいね。

DCプランナーの資格は、FP資格と同じく、持っているからと言って何か特別な地位や仕事があるわけではありません。
受験者が増えるためには、多くの人が、その資格を取るメリットを体感できる環境が必要でしょうね。
DCプランナーの資格取ろうかどうしようか・・・と思っている人は、他にもいらっしゃると思います。

私個人的には、今のところDCプランナーの資格を取る予定はありません。
資格を取るメリットが、自分なりにも体感できないからです。
私は業務上、FP6分野にわたって関わることがあるため、DCプランナーよりFP1級のほうが、よほど役に立っています(笑)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私は現在AFP保持者です。開業を(形ばかりですが) 副業でしており、またCFP経由FP1級
取得を目指しております。(CFPはライフとリスクの2科目合格しております。)

また、私の妻もFP2級の取得を目指しており、5/13の勉強会に参加させていただきました。

6月のCFP試験の受験をするために、普段は試験科目(金融と不動産)の勉強をしてい
ますので、このメルマガについて考え回答することはいい気分転換にもなります。

メルマガの投稿は大変だと思いますが、頑張ってください。
よろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━

CFPを目指されるとのこと、6課目合格に向けてがんばってくださいね!
この通信添削の企画が、お役に立てれば嬉しく思います。

ご夫婦ともにFPで、互いに役割分担をもって活動している方もいらっしゃいます。
今後にFPとしてご活躍されることを、お祈り申し上げます!

みなさま、今週も一言コメントをいただき、ありがとうございました。



さて、今週の通信添削の問題を再掲します。
多くの方からの解答を、お待ちしております。
皆様からの一言コメントも、楽しみにしています!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会より、さらに改題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

下記の記述が正しい場合は、〇を記入のうえ、FPとして一言程度補足の説明を加えてください。
記述が誤っている場合は、誤りの箇所を正しい記述に訂正しなさい。


「2018年4月以降、特定の居住用財産の買換え等の場合の譲渡所得の特例の適用を受けるにあたり、買い替え資産が中古住宅である場合には、建築後25年以内の耐火建築物であることと、一定の耐震基準を満たすことの両方の要件を満たさなければならない。」



【皆様からの質問、FP体験談、雑談など一言メッセージ(任意回答・何でもOK!)】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(問題ここまで)━━━

今回は、FP3級でも出題される「特定の居住用財産の買換え等の場合の譲渡所得の特例」です。
細かい要件が多いうえに、日常的にあまり触れる機会があまりないですよね。
なので忘れやすい特例ですが、この機会に思い出してみましょう!

分からない問題があれば、ぜひ簡単にでも調べて、解答してみて下さいね。
来週に私からお送りする解答には、細かい観点で正しい点、誤りの点も補足アドバイスも付け加えていきます。
1級の学習をサポートしてもらえる機会は、たいへん貴重ですよ!
自分のためにも、そして他の受検者にも役立つ取り組みにしていきますので、皆様からの回答をお待ちしています!


【解答方法】
■メールマガジンをお読みの方:
このメールに返信のうえ、上記の問題文中に解答を記入して送信して下さい。
メールの返信ボタンを押すと、メールの宛先が publisher.mag2.com のドメインになっている場合があります。
それでも、私のところにメールが届きますのでご安心ください。

■ブログ、facebook、ツイッターなどでこの問題をご覧の方:
お手数ですが、当勉強会の公式サイトのお問い合わせページから、メールで解答をお送りください。
メール本文に、上記問題文に解答をご記入の上、ご送信ください。
お問い合わせページ:https://money-study.net/contact.htm


皆様からの解答は、次の日曜日の23:59まで受付します。
解答とお返事の配信は、次の火曜日を予定しています。
メールでいただいた皆様からの解答には、直接のお返事は差し上げませんが、
次回のメールマガジンにて解答、お返事を差し上げてます。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
●8月(予定) FP技能士1級学科 総合力強化勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
●6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
●6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプランニング

2017年04月30日

フラット35の制度改正内容が発表されています

フラット35において、下記の通り新しい制度について発表がありました。

まず、下記の2つの実施が検討されています。

■子育て支援型・地域活性化型の創設
当初5年間、年0.25%の金利引き下げが適用される制度です。

■アシューマブルローンを導入
売却後に、新たな購入者にローン返済を引き継がせることができるようになります。

上記2つは、今時点で実施されておらず、詳細なことはこれから決まっていくようです。
ただし実施することは決まっています。
正式発表があれば試験範囲に含まれますので、注意しておいてください。

 
また、フラット35S・フラット35リノベが、ともに2017年4月以降も継続されることが決まりました。ただし、2017年10月1日からは、フラット35Sの金利優遇幅が引き下げられることになっています。

こちらは1級試験の出題範囲になりますので、よく理解しておきましょう。


上記の内容は、フラット35の公式サイトでも発表されています。
http://www.flat35.com/topics/topics_20170328.html

フラット35のサイト自体が、FP1級の出題範囲であり、またFP1級合格のための教材でもあります。
関連するところは隅々まで目を通し、新しい情報が出たら、すぐに把握しておきましょう。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●6/3(土) 家計シミュレーションソフトで家計分析・家計改善をやってみよう
無料で誰でも使える家計シミュレーションソフトで、家計分析や家計改善の
方法について学びます(当勉強会の運営スタッフが開発したソフトです)

●6/3(土) ライフプランソフトを使いこなし、FPの総合力を発揮する勉強会
ライフプランソフトの高度な機能も使いこなし、より相談顧客に適した
FPコンサルティングを行うための具体的ノウハウを学びます。

●5/13(土) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策勉強会
●5/21(日) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FP勉強会スタッフ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプランニング

2017年04月26日

[税制改正] 財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄の、目的外払出の非課税対象拡大

財形住宅貯蓄と財形年金貯蓄は、利息が非課税になるという優遇制度があります。
しかし、目的外の払い出しの場合には、非課税の優遇はなく、課税されて払い戻されるのが原則です。

今年の税制改正によって、災害被災者になった、夫婦と死別した、など一定要件に該当する場合には、目的外払い出しであっても非課税が適用されるようになりました。

詳しくは、下記国税庁のサイトをご覧ください。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/saigai/index.htm

もちろん、次回の1級試験の出題範囲となりますので、細かいところまで学習しておいてくださいね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●5/13(土) FP2級 頻出重要ポイント&難問対策勉強会
●5/21(日) FP3級 頻出重要ポイント(2級基礎)対策勉強会

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
http://money-study.net/schedule.htm
※パソコン・スマートフォン両対応のサイトです。

posted by FP勉強会スタッフ at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプランニング