2018年06月26日

FP1級通信添削.19の解答解説:介護保険の居宅介護住宅改修費に関する問題

先週の、FP1級通信添削の解答・解説をお届けします。

今週からしばらくは、前回5月に行われたFP技能士3級と2級の試験問題から、1級受験者向けにアレンジして出題していきます。

今回も、皆様から解答をいただきました。
その解答をご紹介しながら、私からも解説をお伝えしますね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2018年5月実施 FP3級学科 問2を改題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公的介護保険において、要介護認定を受けた被保険者に支給される「居宅介護住宅改修費」について、その概要や受給要件を簡単に説明してください。


■お送りいただいた解答

介護保険では住宅改修の費用について居宅介護住宅改修費として20万円を上限として給付されます。要支援でも要介護でも在宅サービスの支給限度額とは別枠で利用できます。問題では要介護とでてますが要支援の方でも介護予防住宅改修費と名前が変わりますが利用することができます。

自己負担は費用の1割又は2割です。費用が20万円を越える場合は、20万円の1割である2万円又は2割である4万円と20万円を越える分が利用者の負担となります。住宅改修の見積もりで20万円を越えた場合、自治体独自の住宅改修補助制度を利用することができればこれを合わせて利用することで利用者負担を抑えることができます。住宅改修費20万円の支給は原則1回ですが、要介護区分が3段階上昇した場合と、引っ越しをした場合は、再度利用できる場合があります。
住宅改修費の支払いの方法は、償還払い方式(まずは利用者が費用全額を支払い、後から自治体が9割又は8割を償還)と受領委任払い方式(認可を受けた事業所を利用する場合、はじめから1割又は2割の負担で行える)があり、自治体により異なります。

2018年8月の介護保険改正では、2割負担の人の一部の方は3割負担に引き上げられます。

介護保険で住宅改修をするには、改修工事の前に市町村の窓口に申請をする必要があります。事前に申請をすることなく改修をした場合や介護保険証に記載されている住所以外での住宅改修は、介護保険からの給付の対象とならないので注意が必要です。
また、介護保険を利用する場合には、要介護認定の区分が決定していない場合でも、要介護認定の申請さえ行っていれば適用となります。

介護保険の対象となる住宅改修について
・廊下や階段、浴室、トイレ、玄関まわり等へのてすりの設置
・段差解消のための敷居の平滑化、スロープ設置、浴室床のかさ上げ等
・滑り防止、および円滑な移動のための床材の変更(畳・じゅうたん・板材等)
・扉の取替え(開き扉・引き戸・折り戸等、ドアノブ交換等)
・洋式便座等への便器の取替え
・上記の住宅改修に付帯して必要となる改修(下地補強、給排水設備工事、壁・柱・床材の変更等)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━

解答ありがとうございました。
お書きいただいた内容でバッチリだと思います。
なので、私から追加で書くことがほとんどありません(笑)

FP試験の受験者が勘違いしやすいところを、いくつか補足しますね。

お書きいただいた通り「上限が20万円」となっていますが、これは工事費用の上限であり、給付金額の上限ではありません。

また、要介護認定の区分が決定していない場合でも申請できますが、万一どの要介護・要支援の区分にも該当しなかった場合は、給付はない(全額自己負担)となります。これは、居宅介護(介護予防)住宅改修費に限らず、介護保険給付全般に言えることです。

この20万円は、要支援1〜2または要介護1〜5によって規定されている介護サービス支給限度額とは、別枠で設定されているものとなります。


皆様も、以上の解答を参考にしてくださいね!

ここ最近は、解答をお送りいただく方がちょっと少なくなってきています。
今回解答をいただいたのは、お一人だけでした。。。
私もさみしくなってきておりますので(笑)、来週以降は、ぜひ意欲的に回答をお送りいただけると嬉しいです!

もうすぐ、1級学科試験とFP協会の1級実技試験もありますよね。
皆様の得点アップにつながるよう、この通信添削企画をお届けしていきます!

次の問題は、明日に配信しますので、お楽しみに!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
■8/19(日) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライフプランニング

2018年06月25日

7/22(日)「難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会」は1か月後の開催です!

以前よりご案内しておりました「難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会」の開催が、いよいよ1か月後となりました。

難関試験であるFP1級学科試験を、どのような勉強法で乗り越えていけばよいのか、学習のコツ、得点アップのポイントをたくさんお伝えいたします。

私はFP1級学科試験の問題を、毎回すべて自分で解き、内容をチェックしています。
また仕事上、1級学科試験で出題される内容を、業務上活用する機会もあります。

このような立場の私からみた、効果的な学習法や、乗り越え方をご紹介します。
FP実務とも関連させて、1級合格に向けた情報をお届けしていきますね。

今回のガイダンス会の概要は、次のとおりです。

======
■FP1級技能士とCFP(ともに最上位FP資格)の紹介と取得メリット
まず、FPの最上位資格であるFP1級とCFPが、金融業界でどのような位置づけの資格なのか、どのようなスキルが求められているのかをご紹介します。
FP1級とCFPとの違いや、FP1級やCFPにまつわる様々なウワサ、都市伝説についても触れてみます。
FP1級の取得メリットや、一部の金融機関はなぜFP1級の資格を取らせようとしているのか、などもご紹介します。
合格に向けて、自分がこれからどのようなレベルを目指していくのか、資格取得に向けてのスタートラインとゴールラインを明確にしていきます。

■他の専門資格との関連性、FP資格と比較したメリット・デメリット
税理士・社労士など、6分野にわたって他の専門資格が存在します。
それらの資格とFP1級との間に、どのような関連性があるのか、主に業務上の観点からご紹介します。
また、これら専門資格とFP1級の、どちらを取るのが有利なのか、両方取るとどのようなメリットがあるのかなど、複数のケースでご紹介します。

■FP1級・CFPの試験体系と合格までの道のり
FP1級とCFPは、互いに異なる資格でありながらも、取得までの道のりに重なる点もあります。
この両FP資格を含め、FP資格体系の全体を理解し、受験に必要な要件・道のりをご紹介します。
また、FP1級学科試験とCFP試験の違いも、いろいろな観点でご紹介していきます。
人によって、どちらがとりやすいか、どちらを取るべきかの判断が分かれる点もありますので、そこにも踏み込んでご紹介していきます。

■FP1級学科体験問題で、合格率が低い理由と出題の特徴を体感
FP1級学科試験の体験問題にチャレンジしていただき、FP1級でどのような学びの視点が必要なのかを、体験していただきます。
過去問の一部をご紹介しながら、FP2級試験と比較して出題の違い、難易度の違い、出題の観点の違いも紹介します。
FP1級学科試験はなぜ合格率が低いのか、そして受験者が乗り越えるべきハードルは何なのかを、前もってイメージしていただけます。

■FP1級学科合格に近づく4つの学習法と、合格に役立つ教材
FP1級学科は難関試験であり、2級までの学習法が通用しにくい特徴があります。
その1級学科試験を乗り越えるための優良な教材が、実は身近なところに存在します。お金のかかる高額教材ばかりではなく、無料で手に入る教材もあります。
市販の試験対策テキストだけでなく、それらの教材も活用した4つの学習法をご紹介します。
この学習法で、1級学科の広く深い試験範囲をカバーでき、 未知の出題に対する対応力をつけ、最新の法改正問題にも対応でき、合格につながる大きな力になります。

■FP1級学科合格者によるパネルディスカッション
FP1級学科試験の前回の合格者を数名お招きし、合格までの過程で苦労したこと、効果的な学習法、合格の決め手、後悔したことなどをお話頂きます。
前回学科の合格者は全国に数百人しかいませんが、その合格者が何人も集まり、 これから学科合格を目指す方へアドバイスもお話いただける、とても貴重な機会です!

■FP1級に関する様々な質問にお答えします!
FP1級に関する質問に、当勉強会スタッフやパネルディスカッションにお越しいただく合格者が、お答えしていきます。
1級試験に限らず、FPに関して幅広いテーマにもお答えします。
疑問・質問があれば、この機会に全部解消しましょう!

■雑談ミニ交流会もあり
参加者・合格者・運営スタッフとで、ざっくばらんに語り合う時間もあります。
受験の動機、試験対策のコツなど、楽しく情報交換ができる時間です。
同じ目標に向かって頑張る仲間と出会いたい、いろいろ有益な情報を得たい、という方にはとても貴重な機会です。

以上のように、FP1級学科合格に向けて、よりよいスタートアップを切るための内容が盛りだくさんです。
初めて受験する人も、再挑戦される方も、勢いよく合格を目指せる機会になりますよ!

「楽しく学べる会」をモットーに毎回開催しておりますので、皆様のご参加をお待ちしています!
======

 
以上は概略となります。
詳細なご案内と参加申込は、下記URLよりお願いいたします。
https://money-study.net/1fp/session/

FP1級の合格を目指す皆様のご参加を、お待ちしております!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
■8/19(日) FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
■6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキル実践活用勉強会

2018年06月23日

「FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会」を開催します!

本日は、FP技能士1級試験に関する勉強会のご案内です。

8/19(日)に東京都内で「FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会」を開催します。

すでにご案内しております「FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会」とは別に、1級学科試験でよく出題されるものの、点を取りづらいところを集中的に補強し、試験本番での一層の得点アップを狙う内容の勉強会です。

この勉強会の開催概要は、次の通りです。

 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
FP技能士1級学科試験を受験される方を対象に、試験対策の重要ポイントを短時間で効率よくつかみ、試験本番で更なる得点アップを目指す勉強会です。

この勉強会では、FP1級試験の出題範囲の中から、

・試験で出やすいが、学習が漏れがちで点を落としやすいポイント
・表面的な理解で分かったつもりになっていると、誤答しやすいポイント
・試験対策テキストに載っていないのに、試験に出題されるポイント

を濃縮した問題を解きながら、試験対策の重要ポイントをたくさんつかんでいただけます。
また、試験本番でより一層の得点アップにつなげていただくために、次の特徴を持たせています。

・一部に過去の試験出題範囲を超える内容を含むが、それによりFP1級問題を乗り越えるための総合力を養う
・1級で学ぶ小難しい内容が、FP相談実務でどのように活用されているかも知ることで、分かりやすく確実な理解に落とし込む
・制度を広く深く学べる内容になっているため、過去問をアレンジされても得点しやすく、実務にも通用する応用力も身につく

申し込まれた方へは、事前に問題をお配りし、勉強会当日までに解いていただきます。
その答え合わせと解説を、勉強会当日に行います。
問題演習型の勉強会ですが、答え合わせと解説だけで勉強会当日の1日を使い切るくらいの内容になるため、事前の学習をお願いしております。

勉強会当日は、参加者同士で楽しく学べる雰囲気の中で、答え合わせしていきます。
学習のポイントや問題の解き方など、皆様の疑問質問にお答えしたり、FP資産相談をされている人の体験談を交えながら、実務力アップを伴いながら、試験合格につながる取り組みを行っています。
モチベーションも上げながら記憶に残りやすいこの環境も、合格に役立ててくださいね。

FP1級試験に関するあらゆる質問に、スタッフがお答えします。
FP資格の活用法、合格に向けての勉強法だけでなく、皆様が独学で勉強中にわからなかった問題を持ち込んでいただければ、その解説も行っています。
FP1級のことを直接教えてもらえる、貴重な機会ですよ!

当勉強会はボランティアベースの運営なので、教材費、広告費等をかけておらず、参加費も少額です。
ですが、普段の仕事でFP6分野の知識を活用しているスタッフが運営していますので、 簡素ながらも本格的な試験対策ができる勉強会です!

・試験で1点でも多く得点し、合格の可能性を引き上げたい!
・何度か不合格になっているけれど、次こそ合格したい!
・費用をかけずに重要ポイント学びたい!
・FP1級レベルの学びを、FP相談実務でも役立てたい!
・同じ受験者同士で、モチベーションを高めあいながら勉強したい!

に一つでも該当した方には、役に立つオススメの勉強会です!
FP1級を目指す皆様のご参加を、お待ちしています!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 

以上が概略となりますが、より詳細なご案内と参加申し込みは、下記公式サイトよりお願いいたします。
https://money-study.net/1fp/session/
※PC、スマホ両対応のサイトです。

合格を目指す皆様とお会いできるのを、楽しみにしています!
みんなで合格目指して、がんばりましょう!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
・8月(予定) FP技能士1級学科 総合力強化勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
■6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキル実践活用勉強会

2018年06月20日

FP1級通信添削.19:介護保険の居宅介護住宅改修費に関する問題

毎週恒例の、FP1級学科試験の通信添削です。
FP1級試験の点数アップにつながる問題を、毎週出題しています。

翌週に、皆様から頂いた解答をご紹介しながら、正解と解説をお届けします。
FPに関する、皆様からの質問にもお答えしながら進めています。
ラジオの読者投稿コーナーのような感じで、楽しみながら勉強しましょう!
CFP試験にも対応していますので、CFPを目指す方もご活用くださいね。


先週までは、7/29(日)に開催する「FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会」から一部抜粋して出題しました。

今週からしばらくは、前回5月に行われたFP技能士3級と2級の試験問題から、1級受験者向けにアレンジして出題していきます。
この3級2級の試験で「むむっ!この観点で出題したか!」と思った問題がいくつかありましたので、1級受験の皆様にもぜひ知っておいてほしいと思っています。

 
それでは、本日のお題となる問題は、こちらです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2018年5月実施 FP3級学科 問2を改題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

公的介護保険において、要介護認定を受けた被保険者に支給される「居宅介護住宅改修費」について、その概要や受給要件を簡単に説明してください。


【皆様からの質問、FP体験談、雑談など一言メッセージ(任意回答・何でもOK!)】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━(問題ここまで)━━━

FP3級では、「居宅介護住宅改修費」は今回初めて出題されました。
2級では、過去に何度も出題されています。
ところが1級学科では、過去数年、出題はされていません。

2級と3級で出題されていることを、1級を受験される皆様が、知らないとは言えませんよね(笑)

すでに知っていた方はもちろん、知らなかった方はこの機会に調べて勉強していただき、回答をお送りくださいね。

来週に私からお送りする解答には、細かい観点で正しい点、誤りの点など補足アドバイスも付け加えてお伝えします。
1級の学習をサポートしてもらえる機会は、たいへん貴重ですよ!
ご自身のためにも、そして他の受検者にも役立つ取り組みにしていきますので、皆様からの回答をお待ちしています!


【解答方法】
■メールマガジンをお読みの方:
このメールに返信のうえ、上記の問題文中に解答を記入して送信して下さい。
メールの返信ボタンを押すと、メールの宛先が publisher.mag2.com のドメインになっている場合があります。
それでも、私のところにメールが届きますのでご安心ください。

■ブログ、facebook、ツイッターなどでこの問題をご覧の方:
お手数ですが、当勉強会の公式サイトのお問い合わせページから、メールで解答をお送りください。
メール本文に、上記問題文と合わせて解答をご記入の上、ご送信ください。
お問い合わせページはこちら:https://money-study.net/contact.htm


皆様からの解答は、次の日曜日の23:59まで受付します。
解答解説は、次の火曜日に配信予定です。
メールでいただいた皆様からの解答には、直接のお返事は差し上げませんが、
次回以降のメールマガジンにて解答、お返事を差し上げてます。


それでは、皆様からの積極的な解答を、お待ちしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
・8月(予定) FP技能士1級学科 総合力強化勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
■6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険制度

2018年06月19日

FP1級通信添削.18の解答解説:つみたてNISAに関する問題

先週の、FP1級通信添削の解答・解説をお届けします。

7/29(日)に、「FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会」を開催します。
この勉強会で使用する問題から、一部抜粋して出題しています。

今回も、皆様から解答をいただきました。
その解答をご紹介しながら、私からも解説をお伝えしますね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7/29(日)開催のFP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会より、さらに改題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年1月より、積立型の少額投資非課税制度(以下「つみたてNISA」と表記)の制度が開始された。
改正後の下記の記述について、正しい場合は〇を記入のうえ、一言程度の補足説明を加えてください。
記述が誤りの場合は、誤りの箇所を正しい記述に訂正しなさい。


「NISA口座の保有者が新たにつみたてNISA口座で運用を始める場合、NISA口座で運用中の金融商品を、つみたてNISA口座へ移管することはできないため、NISA口座で運用中の金融商品を売却しなければならない。」


■お送りいただいた解答
×

一般NISAとつみたてNISAの両方を同時に利用することはできず、どちらか1つを選択する必要がある
一般NISAからつみたてNISAへ、つみたてNISAから一般NISAへの口座変更は、1年ごとに行うことができる。

今年すでに「一般NISA口座」で金融商品を購入している場合は、今年中は「つみたてNISA口座」で金融機関の購入を行うことはできませんが、翌年なら可能です

「一般NISA口座」から「つみたてNISA口座」へ利用を変更しても、その後、金融商品の新規購入ができなくなるだけで、「一般NISA口座」は非課税口座として残ります

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━

解答ありがとうございました。
この問題の正解は「×」ですね。ご記入いただいた解説も正しいですね。

一般NISAとつみたてNISAは、1つの年で両方の口座を開くことはできません。
いずれか一方だけの開設しかできないのです。
ですので、この両者を切り替えたい場合は、翌年1月1日をもって切り替えることになります。

では、つみたてNISAに切り替えた後、それまで一般NISAで購入した金融商品はどうなるかについて、説明します。
それまで利用していた一般NISAの口座は、引き続き存続します。
問題文に「つみたてNISA口座へ移管することはできないため」とありますが、この部分の記述は正しく、つみたてNISA口座へ移管する(金融商品を移動させる)ことはできません。

なお、一般NISA口座で運用中の金融商品は、引き続き運用が続きます。
非課税の取り扱いも、続きます。
したがって問題文中の「NISA口座で運用中の金融商品を売却しなければならない」という記述は誤りです。売却する必要はありません。

ただし、5年間という非課税期間が終了すると、再び一般NISA口座にロールオーバーすることはできません。
売却するか、特定口座に移管するか、の選択となります。



以上が本問の解説です。
本問のように、口座の切り替えに関するルールもいろいろ定められていますが、証券会社のホームページなどに記載がありますので、そちらにも目を通しておくとよいでしょう。
それも、1級FP試験対策の立派な教材ですよ!

こういった制度改正を、集中的に学べるのが7/29(日)に開催する「FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会」です。
制度改正を幅広く学べますので、次の試験で得点アップを狙う方は、ぜひご参加くださいね。

この勉強会の詳細と参加申し込みは、下記URLよりお願いいたします。
https://money-study.net/1fp/session/



今回いただいた一言コメントは、後日ご紹介させていただく予定です。
次回からは、少し趣向を変えて、先月5月に行われたFP技能士3級と2級の試験から出題します。
もちろん、そのまま出題はせず、1級受験者向けに改題しますよ(笑)
次の問題は、明日に配信しますので、お楽しみに!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7/22(日) 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
■7/29(日) FP1級新制度&制度改正事項 徹底対策勉強会
・8月(予定) FP技能士1級学科 総合力強化勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■6/23(土) FP相談:価値観が違う夫婦の不安を解決するライフプランニング編
■6/23(土) FPなら知っておくべきお金の新制度&制度改正 勉強会
■7/26(木) ライフプランソフトを活用し、FP相談の質と満足度を高めよう

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融資産運用