2018年09月01日

試験当日の心構え、最後まであきらめないこと!

本日は、FP1級学科試験当日の心構えについて、お伝えしたいと思います。
今年3月に開催した「難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会」に、FP1級学科の合格者としてお越しいただいた方より、試験当日の心構えについて、下記の通りコメントをいただきました。

=============
1級学科は基礎.・応用とも試験時間が2時間半と長いです。反面、問題数は基礎の場合は50問と、2級学科の60問より10問減ります。これは途中退出してもいいという意味ではなく、じっくり考えて最後まで粘れということだと思っています。
1級学科では午前中の基礎だけ受験してお昼に帰ってしまい、午後からの応用を棄権する人がいますが、これなどは論外です。
途中退出したらそれ以上点数が増えることはありません。とにかく時間が来るギリギリまで勝負を挑むことも1級学科を突破するためには必要なことです。
=============

 
いかがでしたでしょうか。試験に対して厳しく、徹底的に向き合った方ですので、最後の最後まで自らの可能性を捨てないという思いが伝わってきます。
1級学科試験は難しい試験ですから、途中で投げ出したくなる気持ちになるかもしれません。
でも投げ出してしまうと、わずかでもある合格の可能性を、完全に0にしてしまいますから、もったいないですよね。

FP1級学科は、200点満点中の120点を取れば合格です。
過去の試験では、惜しくも110点台で不合格になった方もたくさんいらっしゃいます。
この勉強会にお越しの方にも、たくさんいらっしゃいました。

基礎編は、すべて1問2点です。応用編は1問当たりの配点はもう少し高い(6〜8点)ですし、解答を書くことで部分点がもらえる可能性もあります。
わずかな点数アップで合否が分かれることもあり得ますから、最後まで合格の可能性は捨てずに、頑張ってほしいと思います。

 
試験まであと1週間ですね!
ここからは、学習不足の点を強化することに、重点を置くとよいでしょう。
合格目指して引き続き頑張ってくださいね。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・11月中旬予定 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
・12月末頃予定 FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
(FP1級・CFPの資産運用の問題に対応しています)

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP1級試験関連

2018年08月30日

FP1級通信添削.27:株式累積投資に関する問題

毎週恒例の、FP1級学科試験の通信添削です。
FP1級試験の点数アップにつながる問題を、毎週出題しています。

皆様からお送りいただいた解答をもとに、翌週に正解と解説をお届けします。
ラジオの読者投稿コーナーのような感じで、皆様からの質問にもお答えします。
CFP・1級実技にも対応していますので、楽しみながら勉強していきましょう!

試験が近いこともあり、過去問をベースとした問題を配信していきます。
過去問をそのまま出題はせず、1級受験者にとってプラスアルファの学びにつながる「ひとひねり」を加えています。

 
それでは、本日のお題となる問題は、こちらです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2017年9月実施の1級学科試験 問19を改題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

問題1:下記の文章の(  )に当てはまる適切な言葉を記入しなさい。
なお(  )の中に最初から書かれている文字は、解答しやすくするためのガイドであるため、すべて削除してから正しい言葉を記入しなさい。

株式累積投資は、一般に、毎月(  )円以上(  )円未満で設定した一定の金額を、(  )円単位で同一銘柄の株式を継続的に買い付ける投資方法である。
株式累積投資を利用して株式を買い付けた場合、当該株式が単元株数に達するまでは、分配金は(   〜として取り扱われる)。また、買い付けることができる銘柄の種類は(    )である。



問題2:
上記の文章のほかに、株式累積投資を利用する場合の特徴や注意点があれば、記入しなさい(自由記述方式)



【皆様から質問、一言コメントがあればお書き下さい(任意回答・何でもOK!)】



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━


過去にも出題されている、株式累積投資についての出題にしました。
2級試験で出題された問題を組み合わせて、改題しています。

最低でも問題1にはチャレンジしてほしいです。
問題1は、過去問の焼き直しアレンジ問題です。

ただ、過去問の範囲だけで学習すると、応用がききません。
そこで余裕がある方は、問題2にも挑戦してみて下さいね。
問題2に対しても言葉が出るようになれば、未知の出題にも対応しやすくなりますよ!

 
皆様からの解答は、来週月曜の23:59まで受け付けています。
来週に私からお送りする解答解説には、細かい観点で正しい点、誤りの点など補足アドバイスも付け加えてお伝えします。
1級の学習をサポートしてもらえる機会は、たいへん貴重ですよ!

 
この問題に即答できない場合は、調べながら解答いただいてもかまいません。
この機会に学びを深めていきましょう。
皆様からの解答を、お待ちしています!

【解答方法】
■メールマガジンをお読みの方:
このメールに返信のうえ、上記の問題文中に解答を記入して送信して下さい。
メールの返信ボタンを押すと、宛先が publisher.mag2.com ドメインになっている場合がありますが、私までメールは届きますのでご安心下さい。

■ブログ、facebook、ツイッターなどでこの問題をご覧の方:
お手数ですが、下記お問い合わせページからメールで解答をお送りください。
メール本文に、上記問題文と合わせて解答をご記入の上、ご送信ください。
お問い合わせページはこちら:https://money-study.net/contact.htm
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・11月中旬予定 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
・12月末頃予定 FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
(FP1級・CFPのオプション問題に対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
(FP1級・CFPの資産運用の問題に対応しています)

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済・金融資産運用

2018年08月29日

FP1級通信添削.26の解答解説:後期高齢者医療制度と介護休業給付金に関する問題

先週の、FP1級通信添削の解答・解説をお届けします。
1級試験が近いこともあり、過去問をもとにした問題を出題中です。

 
それでは本日は、先週の問題を解説していきます。
2問配信しましたが、1問ずつ皆様から頂いた答えを見ていきましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2017年9月実施の1級学科試験をアレンジしたオリジナル問題
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
問題1:
後期高齢者医療制度の保険料のうち、所得割額は、どのような計算式で算出されているかを答えなさい。


■お送りいただいた解答
所得割額は,【(@総所得金額等)−(基礎控除の33万円)}×(A所得割率)】で計算されます。

まず,@総所得金額等は,年金収入の方は年金収入−公的年金控除で,給与所得者の方は給与収入−給与所得控除で計算されます。

次に,A所得割率は,広域連合ごとによって異なり,例えば東京都の場合,平成30・31年度は8.80%とされています。

所得割額の軽減措置については,国の軽減措置は平成30年から廃止になってしまいましたが,自治体ごとの独自の軽減措置があり,例えば東京都の場合,被保険者本人の所得金額から基礎控除33万円を差し引いた額が,15万円までは所得割額50%軽減,20万円までは所得割額25%軽減となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━


回答ありがとうございます。
若い世代の方は、後期高齢者医療制度の保険料計算式まで、なかなか理解していないものです。
でもFP1級を目指す人なら、ぜひ知っておいてほしいところです。

お送りいただいたとおりの計算式で合っています。ポイントは、
・総所得金額等 が計算のベースとなっていること
・基礎控除33万円があること
・所得割の料率は、都道府県ごとに異なっていること
ですね。

ですから、所得の金額が33万円以下の場合には、所得割額は0円ということになります。

所得割額の軽減措置については、たびたび試験でも出題されていましたね。
でも現在は、国の制度としては所得割額の軽減措置はなくなっています。
お書きいただいたように、都道府県によっては独自に軽減措置を設けている場合があります。

それでは、もう一人の方の解答をご紹介します。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お送りいただいた解答

(所得割額)={(総所得金額等)−(基礎控除の33万円)}×(所得割率)

所得割率は広域連合によって異なります。

総所得金額等とは、「年金収入−公的年金控除」、「給与収入−給与所得控除」、「事業収入−必要経費」等で各種所得控除前の金額です。また、退職所得以外の分離課税の所得金額(土地・建物や株式等の譲渡所得などで特別控除後の額)も総所得金額等に含まれます。

総所得金額等が33万円以下の場合は、所得割額は0円となります。

所得割額の軽減があり、
所得割額の賦課対象者のうち、所得割額算定にかかる「賦課のもととなる所得金額{(総所得金額等)−(基礎控除の33万円)の部分}」が58万円以下(年金収入のみの場合は、その収入が211万円以下)の方については、所得割額が一律5割軽減されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━

ご回答ありがとうございます。
こちらの解答では「総所得金額等」についてのもう少し詳しい解説をしていただいていますね。
総合課税での損益通算後の所得に加え、分離課税側の所得も加算された概念が「総所得金額等」になります。分離課税の所得も加算と言いつつも、退職所得は対象外である点にも注意してくださいね。

後半に書いていただいた所得割額の5割軽減については、現在は廃止されています。
これは古い説明である点を、ご認識くださいね。
社会保険の保険料に関する改正は、FPとして活動している方もあまり知らないですし、大きく報道もされません。

こういった情報は、自分がお住まいの市町村、都道府県のサイトで情報開示されています。一度、お住まいの自治体のサイトをくまなく見て、社会保険の学習をするのがよいですね。

それでは、次の問題にうつりましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
問題2:
雇用保険における介護休業給付金の支給対象となる、介護休業の対象家族の範囲について、説明しなさい。
(誰を介護しているときに、この休業給付金を受け取れるのか、の説明)


■お送りいただいた解答
対象者は,被保険者の,
1 配偶者(事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む)
2 父母(養父母を含む)
3 子(養子を含む)
4 配偶者の父母(養父母を含む)
5 祖父母
6 兄弟姉妹
7 孫
となります。

養親子関係にある者,事実婚にある者や,配偶者の直系尊属まで含む点が注意かと思います。


■お送りいただいた解答
配偶者、父母(養父母を含む)、子(養子を含む)、配偶者の父母(養父母を含む)。祖父母、兄弟、姉妹、孫は、被保険者と同居し、かつ、被保険者が扶養していることが条件となります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ここまで━━━━━━


お二人の解答をご紹介しましたが、どうもありがとうございます。
一人目の方の解答が、正しい内容になります。
このように細かく介護の対象者について定められている点を知っておきましょう。

二人目の方の解答にある同居要件と扶養要件は、昔はありましたが現在はありませんので、その記述部分は誤りということになります。
少し古い情報を参照されたのだと思いますが、やはり最新の情報をつかんでおくことが欠かせませんのでご注意くださいね。

ちなみに、介護休業給付に関するさらに細かい制度内容について、下記の厚生労働省のページに記載があります。
余裕のある方は、この内容も理解しておいてください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000158665.html


 
以上が、解答&解説となります。
いつものアドバイスではありますが、上記の内容はしっかりと暗記しておき、試験で出題されても回答できるようにしておきましょう。
過去にも出題された内容ですから、失点してしまうともったいないです。
今回の配信を、読み物として読み流さないように、意識してくださいね。

 
次回の問題は明日に配信いたしますので、お楽しみに!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・11月中旬予定 難関FP1級学科を乗り越えるための合格ガイダンス会
・12月末頃予定 FP技能士1級学科 頻出重要ポイント対策勉強会

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
(FP1級・CFPのオプション問題に対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
(FP1級・CFPの資産運用の問題に対応しています)

■10/21(日) 若者向け金融教育を体験し、実践できるようになろう

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保険制度

2018年08月26日

FP1級試験まであと2週間!受験票が発送されています

いよいよ、試験当日が2週間後に迫ってきました。
次回の1級試験合格に向け、詰めの勉強に差し掛かっている時期ですね。

テキストを読むインプット学習と、問題を解くアウトプット学習は必須です。
特にアウトプット学習では、解けない問題をなくすつもりで、繰り返し学習を続けていきましょう。

何としても、次の試験で合格するのだ!という強い意志をもって、勉強の時間を捻出し、努力を続けて下さいね。
 

さて、FP1級試験の受験票が発送されました。
お住まいの地域にもよりますが、受験票が到着した方もいるでしょう。
試験日1週間前になっても受験票が届かない時は、必ず問い合わせて下さいね。

いよいよ試験勉強も大詰めです!
最後まであきらめず、合格目指してがんばりましょう!
皆様の合格を、お祈りしております!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/25(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策(1級基礎)総仕上げ勉強会
2級受験者にとっては合格ラインを超える学びですが、1級受験者にとっては
確実に得点すべき基礎レベル。基礎固めチェックとその補強ができますよ。

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
(FP1級・CFPのオプション問題に対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
(FP1級・CFPの分散投資の問題に対応しています)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP1級試験関連

2018年08月25日

FP1級で分からなかった問題を、通信添削企画で取り上げます!

こちらで毎週、FP1級の通信添削企画を行っています。
私から問題を出題し、それに対して皆様からの解答を募集。
そして翌週に、解答解説をお伝えするという企画です。
先日に問題を配信しましたので、皆様からの解答をお待ちしています!

 
その通信添削企画では、私のほうで取り上げる問題を選定しています。
その際、皆様から問題のリクエストも受け付けています。

どうしても答えがわからない、なぜその答えになるのか理解できない、という問題があれば、ぜひお寄せください。
その問題を通信添削企画で取り上げて、解説いたします。

特に独学の人は、分からないことがあっても誰にも聞けませんからね。
疑問を解消してもらえる貴重な機会となりますよ。
(他の受験者の考え方も、参考にできますよ!)

問題のリクエストは、メールにて受け付けています。
メールに次の内容をお書きいただき、お送り下さい。

 
■書いてほしい内容1:分からなかった問題の内容
過去問である場合は、対象の試験実施月、学科/実技の区分、問題番号、選択肢までご記入ください。

例)2017年9月 FP1級学科 問1 選択肢2
例)2017年9月 FP1級実技 問9 (イ)
※実技試験は、FP協会が実施する筆記試験に限定します

過去問以外の場合は、お手数ですが問題文の全文をメールにお書きください。
(問題文を写真に撮ってメールで送る、は不可としています)
また、その問題の解答が問題集に記載されていると思いますので、その答えもお送りください。
(その本に書かれている正解や解説が誤っている場合もあるためです)


■書いてほしい内容2:どこが分からないのか、何が疑問なのか
その問題に解答と解説が書かれていると思いますが、具体的にどの部分が分からなかったのか、問題集の解説に納得いかない場合はなぜそう思うのか、ということもお書きください。
そこに焦点を当てて解説していきます。


■メールの送信先
下記お問い合わせページから、メールでお送りください。
お問い合わせページはこちら:https://money-study.net/contact.htm

 
【補足】
問題のリクエストに対して、原則として個別にお返事は差し上げておりません。
複数のリクエストがあった場合、こちらで選定のうえで、通信添削企画で採用させていただきます。
リクエストに対して、必ず解答解説を保証するものではございませんことを、あらかじめご了承ください。
なお、定期的に開催しているFP1級勉強会の会場では、FP試験に関するあらゆるご質問にお答えしております。
疑問が多数ある場合は、これら勉強会の参加もご検討ください。

 
以上がご案内となります。皆様からの問題リクエストをお待ちしています。

それと、先日に出題した通信添削企画への解答も、引き続きお待ちしています!
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  今後の勉強会の開催予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8/25(土) FP技能士2級 頻出重要ポイント&難問対策(1級基礎)総仕上げ勉強会
2級受験者にとっては合格ラインを超える学びですが、1級受験者にとっては
確実に得点すべき基礎レベル。基礎固めチェックとその補強ができますよ。

<姉妹サイト:FPスキル実践活用勉強会のご案内>
試験勉強で得た知識を発揮し、FPの実務力を高める内容を扱っています。
FPの方、FPを目指す方が集まる懇親会もあります。
■8/30(木) 金融オプションの仕組みと損得を、身近な事例でスッキリ理解!
(FP1級・CFPのオプション問題に対応しています)

■9/30(日) ポートフォリオ理論・低リスク高リターンな国際分散投資
(FP1級・CFPの分散投資の問題に対応しています)

参加申し込み、勉強会の詳細はこちらから:
https://money-study.net/1fp/session/
posted by FP勉強会スタッフ at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FPスキル実践活用勉強会